カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

パナマ、コスタリカ、エルサルバドル農園視察 -

パナマ、コスタリカ、エルサルバドルの農園視察より帰りました。

2/11 成田−アトランタ経由−パナマシティ

2/12 パナマシティ−ダビ−ボケテ コトワ農園、エスメラルダ農園、ベルリナ農園訪問。

panama_1

パナマシティの朝、ホテルのバルコニーから見えた教会。ジャカランダのような紫の花の街路樹も見えました。

panama_2 panama_3

パナマシティからダビまでは国内線の旅客機で1時間。木製の札がボーディングチケット、席は自由に座ります。

panama_4 panama_5 panama_6

ダビから車で1時間の町ボケテの広場にて。標高が1000mほどあるので、陽射しは強いですがさわやかな風が流れます。右は移動式のかき氷屋のおじさん。

kotowa_1 kotowa_2 kotowa_3

いよいよ初訪問の農園はコトワ農園。ちなみにコトワ(KOTOWA)とは会社名で、コトワでは4つの農園を所有しています。当店でコトワ農園として販売しているのは、コトワ所有の「トラディッショナル農園」の豆です。写真左は「KOTOWA COOFFEE HOUSE」、何件か見かけました。

このあたりは狭いエリアですが非常に変化に富んだ気候で、コトワではその微気候(マイクロクライメート)に合わせて品種等の選択をしています。標高1300-1400mではカツアイ種、それより上ではティピカ種等が植えられています。特別に選別された「コトワ・リザーブ」は、標高1450-1500mのカツーラ種で、11時頃から陽が当たるエリアの豆です。

kotowa_4

農園主のリカルドさんは3代目で、祖父はカナダから移住してこの農園を築きあげたそうです。

精製は最小限の水しか使用しないエコロジカル・ミルで行われています。昔は1kgあたりの豆に対し50-100リットルの水を使用していたのが、現在は500ccしか使わずにすみます。

精製のプロセスで大事なことは「豆が持っている香味のポテンシャルをダメージを与えずにいかに保つか」とリカルドさん。

kotowa_5 kotowa_6

カッピングはコトワ所有の農園 Carolina, Traditional, Duncun, Dun K, の4農園の豆とコトワ・リザーブの計5種。当店では今年も「コトワ・リザーブ」入荷予定です。どんな豆が届くのか楽しみです。

つづく。

ページトップへ