カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

「RECORD(レコード)」 (11/11 '10)

 夏に 、“秋が深まる頃に紹介します” とお伝えしていた当店オリジナルの手帳ですが、気が付けば、冬の星座の顔ぶれも出揃ってしまう時期になってしまいました。当店にいらした方はご存じだと思いますが、店内には既にオリジナル手帳を飾っております。

 手帳は、「gallery くらしの空」の倉石氏、「デザイン・ワイ」の吉野氏の共同企画、開発によるもので、製作は仙台在住の吉野氏により、注文を受けてから1冊1冊手作業で行われます。(ですので、ご注文をいただいてからお手元に届くまで目安として2週間ほどのお時間がかかります。)

 一見したところ飾り気がなく目立たない印象ですが、手に取るとしっくりと馴染み、収まりが良く、そのシンプルなデザイン故長く使うほど愛着が湧いてきそうな手帳です。

 長い時の流れにも耐えられるように、使用されている素材は、中性の接着剤と紙、自然素材の布、ゴムのみです。現在使用されている表紙の革は、タンニンなめし処理によるパキスタン産山羊革で、擦れに強く、柔らかで自然な風合いです。

 特に本文紙には、薄くて丈夫、滑らかでインクが滲まない紙「トモエリバー紙」が使われており、万年筆でも裏移りが起きにくくなっています。お二人が手帳を企画した際のコンセプトのひとつが、“万年筆に合う、たたずまいの良い手帳” だそうです。

 その質の素晴らしさと、両氏の、流行に流されない良いものを追求していく姿勢に心が動き、当店オリジナルの手帳をぜひ作っていただきたい、とお願いしたのが経緯です。 

 当店オリジナル版の仕様は、茶色の革バージョンと黒色の革バージョンがあります。表紙の革、右下に当店ロゴの刻印が型押しされています。茶色バージョンの見返し(表紙の裏)は薄い水色、しおり紐は水色、黒色バージョンの見返しとしおり紐は濃いめの青にしていただきました。(青系は私がなぜか選んでしまう色で、当店のテーマカラーにもしています。)

mokichi_kokuin 新潟「皆川彫金所」製の刻印

 当店仕様の手帳の本紙は、基本的に罫線の入っていない紙にしてもらいました。それは、私自身がこの手帳をどうやって使おうか考えた際、日々のとりとめのない事はもちろん、感じたことや思いついたこと、ささいな夢や目標を、縦書き横書きにとらわれず、時には図表や絵を交えながら自由に記せるようにしたい、という理由からです。

 パソコンや携帯電話が便利になって、手で書く作業は減りつつありますが、やはり手書きには代えられない要素があると思います。特に、手紙のように誰のために書くわけではなく、単純に自分を見つめるために手で書く作業には、その瞬間瞬間の感情などが文字に現れて記されるような気がします。力強い大きな文字で記されている時もあれば、線が細く小さめな字、何を書いたのか本人でもわからないような走り書きの時もあります。後になって読み返す際に、その時々の感情がよみがえる時もあります。

 壁というほどではないにしろ、何か課題があったり、頭の中がもやもやとくぐもっている時に、私の場合、ほんの10分ほどでも、手で何かを書くことによって、すっきりと前向きな気分になれます。もちろん、傍らに珈琲があればなお良いです。

 今月エイ出版から発行された「NOTE & DIARY vol.5」に革手帳「RECORD(レコード)model 288 」の記事が掲載されています。「MOKICHI珈琲」バージョンも紹介されています。よろしければご覧ください。(店内で閲覧可)

RECORD(レコード) model 288(レギュラー) 「MOKICHI珈琲」バージョン 4,725円(税込)

 ご注文は「gallery くらしの空」の倉石氏へご連絡していただく→ skyworks@softbank.ne.jp か、当店店頭でも承っております。ご注文を受けてから手作業で丁寧に1冊1冊作られますので、お届けまで目安として2週間ほどかかります。

製作: デザイン・ワイ 吉野氏 http://www.ab.auone-net.jp/~design.y/

企画・販売: galley くらしの空 倉石氏 http://blog.livedoor.jp/kurashinosora/