カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

アイスコーヒーに合うコーヒー豆 (7/15 '11)

 梅雨が早く明けた分だけ、早く秋が来て欲しいです…

 湯を沸かすのも嫌になるくらいの暑さですが、美味しいアイスコーヒーを作るには、やはり、一度熱い湯で落としたコーヒーを、氷で満たしたグラスに一気に注ぎ入れて急冷させるのが一番だと思います。香りのたち方が違います。コツは深炒りのコーヒー豆を使い、濃いめに抽出することです。

 アイスコーヒーに合うコーヒー豆をご紹介します。

#1 タンザニア ブラックバーン農園 フレンチロースト
 深炒りのタンザニアを濃いめに淹れて、氷の上から注いで作ったアイスコーヒーは、オレンジや蜜柑のような明るい酸と、カラメルのような香ばしさ、キレのある喉越しが楽しめます。深炒りに耐えられるボディの強いブラックバーンならではの味わいです。
初めはストレートですっきりと、後から冷たい牛乳を入れてアイスカフェオレにしても美味しいですよ。

#2 深炒りのケニア
 アイスコーヒーといえば、しっかりとした苦みが定番と考えてしまいがちですが、良質のケニア100%で作ったアイスコーヒーは、ジュースのようなすっきりとしたアイスコーヒーとなります。飲んだあと嫌な苦みが残らず、ライチやピーチのような爽やかな果実感が残ります。

#3 マンデリン・フレンチロースト
 ホットではわかりづらいですが、アイスコーヒーにすると、この豆が本来持っているトロピカルフルーツのような明るい酸が顔を出します。もちろん、マンデリンらしいハーブやスパイスのような風味も楽しめます。

#4 エチオピア・イルガチェフェのフレンチロースト
 エチオピアはフルーティーさを残したいので、あまり深炒りにはしませんが、深炒りにすると、かすかに白檀のような落ち着きのある華やかな香りと甘みが楽しめます。これをアイスにすると、飲んだ後、ほのかな甘みが長く続くようなアイスコーヒーになります。牛乳を加えると、ミルクティーのような優しい味わいのアイスカフェオレになります。

#5 コロンビア、グァテマラのフレンチロースト
 コロンビアもグァテマラも癖のないコーヒーです。アイスコーヒーにするとすっきりとしたきれいな喉越しが楽しめます。かすかに柑橘系の風味がふわっと香ります。

#6 深炒りのナチュラル精製の豆  

 イエメンやブラジルなどのナチュラルで、深めにローストしたコーヒーは甘みが豊かで、アイスコーヒーにするとウイスキーのような風味を楽しめます。

 数年前にエチオピア・イルガチェフェ、特別仕様のナチュラル精製の豆で「ミスティバレー」という豆がありました。これをフレンチローストにし、アイスコーヒーにしていた時期がありました。いつかまた、あのような素晴らしいエチオピアのナチュラルが入りましたら、アイスコーヒーでも提供したいと思います。