カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

ルワンダ・カレンゲラ (3/21)

 ルワンダはアフリカの東海岸に面しているタンザニアの北西部に隣接する小国(四国の1・5倍程)で、1994年には悲しい歴史を経験しています。

 近年、ルワンダではコーヒー豆の精製方法がウォッシュト(ぬめりを発行除去させ水洗いするので、きれいな香味と欠点豆が少なくなる)に変えられ、品質が向上しています。

 「カレンゲラ」はルワンダにある精製工場のひとつで、スターバックスより「ブラックエプロン2006」を受賞しています。マイルドな口当たりながらコクと香りが豊かで、かすかにカカオの風味が残ります。

 それにしても、同じアフリカ東部でもエチオピア、ケニア、タンザニア、そしてこのルワンダと、豆のキャラクターが全く異なるのには驚きを感じます。

ページトップへ