カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

深炒りの豆が高いわけ (5/4)

 コーヒー豆をいろいろな店で買ったことがある方でしたらご存知だと思いますが、一般的に深炒りの豆の方が価格が高くなります。

 理由は簡単です。コーヒー豆は、深く炒れば炒るほど水分が抜けていくので、一粒あたりの重さが軽くなります。量り売りの場合、例えば100gにするには、浅炒りよりも深炒りの方が豆を多く使用しなければならないからです。当店で主に深炒り(フレンチロースト)にしている豆は、マンデリン、グァテマラ、ケニア、タンザニアなどです。

 また、コーヒーの淹れ方のコツのひとつは、「ローストの度合い」により粉の量をかえる」という事です。簡単には、浅炒り(ミディアム、ハイロースト)のコーヒーを淹れるときは粉を少なめに、深炒り(フレンチロースト)のときは多めに使います。

ページトップへ