カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

コーヒー豆は果実です! (11/11)

 昨日お客様に、「コーヒー豆は赤く熟した果実からなります!」と説明したところ少し驚かれていました。そういえば、自分も昔はそんなこと全く知らずににコーヒーを飲んでいたなぁと思い出しました。

 優良な農園では、赤く完熟したコーヒー豆(チェリー)のみがピッカーとよばれる人たちの手によって摘み取られます。(これをピッキングといいます。黄色に完熟するイエローブルボン種という品種もあります。)

 そして、いくつかの精製工程を経て生豆(グリーンビーンズ)の状態になるわけですが、その精製方法は主に以下の3種類に分けられます。

 .Εッシュト…コーヒー豆(チェリー)の果肉を除去したのち、水槽に入れ、ぬめりを発酵させて除去し、水洗いを施す方法。きれいな豆ができあがりますが、多量の水が必要な精製方法です。

 ▲淵船絅薀襦張魁璽辧柴Δ鬟船Д蝓爾両態で天日干しで乾燥させ脱穀する方法。一番シンプルな方法ですが、未熟豆等の欠点豆が多く混入してしまう可能性が高くなります。

 セミウォッシュト…果肉を除去した豆(パーチメント)のぬめりをアクアパルパーという機械で除去する方法。水が豊かでない地域でも可能。

 このような工程を経て、赤いコーヒー豆(チェリー)からグリーンビーンズとなります。もちろん、コーヒーの実がなるまでにもたくさんの労力と時間がかかります。そして、そのようにして生産された生豆(グリーンビーンズ)は様々な流通経路を経て当店にたどり着きます。

 今自分がコーヒーに関与できるのは、生豆(グリーンビーンズ)を焙煎(ロースト)し、挽いて、抽出(ドリップ)することぐらい。生豆のよさを最大限引き出せたらなぁと思います。

ページトップへ